大滝・馬場人事労務研究所の掲示板
皆さんの情報交換のための掲示板です、ルールを守って有効に楽しく使ってください。
スレッド一覧  

題名 投稿者名 E-mail 投稿日時
    幸福ということ  (No. 474)
大滝 2021/03/24 11:55:21

幸福ということ (No. 474) 
投稿者: 大滝 2021/03/24 11:55:21
人は生きる上で何よりも、自分の力の権内にあって自由になる
ものと、自分の力の権外にあって自由にならぬものとを、きび
しく区別しなければならぬ。

自分のちからの権内にあるもの、それはすべて心の働きによる
ものだ。考えること、欲すること、努力すること、行動するこ
と、拒否すること、歩くこと、愛すること、断念すること等々
である。

自分の力の権内にないもの、それはあなたの外にあるものだ。
だから財産、地位、名誉といったものばかりでなく、自分の

肉体、妻や子供や愛する者たちの命もそこに含まれる。この自
分に所属していないものを、自分の権内にある自由になるもの

と思いこむくらい不幸なことはない。それで自分の外にあるも
のに依存することになり、運命に支配され、自由を失う。

それに反し、本当に自分に属するものだけを使用し、働かせ、
それだけに頼るなら、運命が何をもたらそうとも一切それに

侵されず、自由で、自分自身で充足していられる。
すなわち幸福である。
 ローマの哲人 セネカの言葉 より。

禅の「吾、ただ、足るを知る」とか「本来無一物」に通ずる
考え方とだと思う。自分の命も自分に所属しているものでは

なく本来借り物でいつかは返さなければならないとセネカを
云う。そうすると不慮の事故で死んだって病気で若死に(僕は

十分生きているが…)したって、元々自分のものではなかった
のだからどうということはないではないか!

セネカはローマの独裁者ネロによって殺されたことで有名だけ
ど、その場合に臨んでもセネカは幸せを感じていたのではない
かと思うと、自分もそうありたいと思う。

自分のいのちも含めてすべてはどうせ借り物なんだから、有り
金全部はたいてポルシェでも買うかぁ!

そこまで徹底しきれないんだなぁ〜お粗末!


表示 1
ページ 1 / 1