大滝・馬場人事労務研究所の掲示板
皆さんの情報交換のための掲示板です、ルールを守って有効に楽しく使ってください。
スレッド一覧  

題名 投稿者名 E-mail 投稿日時
    雑感  (No. 466)
大滝 2021/02/22 15:28:03

雑感 (No. 466) 
投稿者: 大滝 2021/02/22 15:28:03
けふ来ずば あすは散りなん 梅の花
        良寛
幸せも辛い不幸な日々も永遠に続くわけではないと仏教では
よく言われるけど、このコロナ禍はいつまで続くんだろうか?

そんな暗い世の中で、自分一人がノホホンと生きているよう
で少し肩身が狭い。良寛さんと比べるべくもないけど、江戸

末期の越後で地震やら飢饉が頻繁に起こっている中で子供と
遊んだり、托鉢(要するに乞食)に歩いたりしたことで良寛さ
んを批判する人も中にはいるな。

良寛は生涯、生産活動を行わなかったけれど、それだけに自分
を厳しく律していたことは伺える。僕は仕事をしている以上、

生産活動を止めるわけにはいかないけれど、経済人として生き
るより風流に生きたいと願っている。貧乏で生まれたくせにで
ある。気持ちは金持ちのボンボンだぜ。

それで先週末、車中泊しながら出雲崎の良寛記念館に行ってき
た(これで7回目の訪問である)。記念館の隣にある良寛と夕日

の丘公園のベンチに座ってしばらく日本海を眺めてきた。天気
晴朗なれど波高しで、風が強く日本海の波は白く砕け散り、佐

渡島は白い雲のかなたに隠れて見ることはできなかった。僕は、
公園の中にある子供と遊んでいる良寛さんの像の柔和なお顔が
好きで、何年に1回くらいはそのお顔を見たくなるんだ。

帰り、関越道の堀之内ICから見た、白く雪をかぶった巻機山は、
あまりも幻想的で感激した。いい旅だった。


表示 1
ページ 1 / 1